2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

我が家の動物達を語るには欠かせないのです

065.jpg

本当はファンファン村のこんなにハンサム犬ゴンタ殿下!のはずが
このところ超お嬢様猫ミーミ025.jpg
とのバトルでゴンタ殿下が焼もちかバトル勃発

何分にも初めに飼えなくなった里親募集で譲り受けたのがゴンタ君。
年配の飼い主から「どうかゴンタをよろしく」と丁寧な手紙が添えられていました。
老齢の方の達筆の手紙に胸が熱くなりました。
それ以来、ゴンタは溺愛されてきました。

でも~
色々複雑な話なのですが聞いてもらえますか・・・?

そもそもダーは猫大好き派でしてそこからややこしい話が始まります。
いえ~ゴンタ殿下には何も罪のないことなのですが・・・

ある日、猫大好きなダーはバイト先から生まれて二ヶ月にも満たない子猫を
二匹貰い受けて連れ帰りました。
毎夜毎夜、屋根裏部屋でギーコギーコと鼠が何かをかじくる音がして
自分が一生懸命、汗水垂らしながら建てている家の一部がかじられている様な
そんな気がしてたまらなかったようです。
犬は番犬になっても鼠は捕ってくれません。

こんな山の上で暮らすには猪を追い払う番犬も鼠退治の猫も必要なのです。

「可愛い、可愛い」と育てた真っ黒猫のクマ&白黒ブチのミータン。
それはそれは仲が良くて片時も離れずお互いをなめあったり
毛繕いをし合ったりと微笑ましい兄弟で見ているだけで幸せな気分になりましたが・・・


ある日を境に白黒ブチの愛嬌の良いミータンが忽然と姿を消してしまったのです
それからと言うもの真っ黒猫のクマの切ない切ない鳴き声が始まりました。
あっちに向かいこっちに向かい「みゃーみゃー」と
本当に聞くも悲しいような切ない声で森の中を四方八方探します。
ミータンの姿が消えて一ヶ月位続いたでしょうか。

そのミータンもクマと同じ男の子でした。
IMG_0991.jpg

ある日物置の端っこで亡くなっているのをダーが見つけました。
きっとマムシに噛まれたのでしょう。
よく私たちに誉めて欲しくててマムシやバッタを玄関先に持ち帰っていましたから。

クマに現実を説明できません。
亡き姿を見せて「ミータンはもういない」と話をしてやりました。
ダーは泣いていました。
こよなく白黒ミータンを愛していましたから。

それから数日たって真っ黒クマは一匹「自分でミータンを探すんだ
旅だって行きました。それ以来プッツリとクマの姿が消えました。


「雄猫は猫岳山へ行くって聞くから・・・」
諦めてクマが何処かで元気に暮らしてくれることを心から祈っていました。
「もう、帰ってくることはないだろう・・・」

大分合同新聞で耳の大きなつぶらな瞳の子猫を見つけました。
まだ片手の平にくるまる大きさでした。
どことなく品のよ良さが漂うグレーの薄い縞々の子猫でした。
IMG_1425.jpg

現実とは本当に不思議なもで・・・
ミーミを飼い始めてほんの一週間たったかの頃。
「え???クマちゃん?クマなの???」
もうただただびっくりでした。
真っ黒猫のクマが泥んこなって疲れ果てて
今にも息が止まるのではないかと思いました。
ヨタヨタして私をじっと見つめています。
真っ黒クマが旅に出て半年が過ぎていました。

それからおおよそ五日間。
クマは牛乳を薬だと信じ込んだのでしょうか?
眠り続け気が付くと牛乳を飲み気が付くと牛乳を飲み
ずっと毎日ひたすら眠り続けたのです。

ダーが可愛がって育てた白黒ミータン&真っ黒クマ。
ミータンは天に召されたけれどクマだけでも元気になって欲しいと
心からそう思いました。

その間、賢い?ゴンタ殿下は自分への愛情を信じながらも
じっと静かに「ゴンタ~」と呼んで貰うのを待ち続けていたのでした。つづく・・・




ポチっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/08/16 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

こんにちは。
初めてコメントさせていただきます。
ミータン可哀そうでしたね(涙)
でもそれ以上にクマ君のけなげさに涙がこぼれました。
クマ君は元気になりましたでしょうか?
またゴンタ君、クマ君のお話を聞かせて下さいね~
[ 2010/08/20 23:15 ] [ 編集 ]

まあ、嬉しいコメントありがとうございます。
真っ黒猫のクマは半年経って帰って来た跡はすっかり元気になり、お姫様猫のミーミに子猫を三匹生ませてしまいました(笑)我が物顔で家に入ったり庭で過ごしたりととっても大きい顔でボスになっています。
私も動物が好き過ぎて・・・
これからも日々、思いつくままの話にお付合いくださいね。
[ 2010/08/21 10:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fuanfuanmura.blog103.fc2.com/tb.php/84-355f0c1a







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。