2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウーたんの癒えぬ悲しみ

真夜中の突然の電話でやって来たウーたんはただ美味しいものが食べたくて
やって来たのではありませんでした。

やはりまだ彼女の心の中にある深い悲しみが癒えてはいなかったのです。

100613_082906.jpg

ウーたん夫婦には愛犬が二頭いました。

片方はブラックターンのコーちゃん。
真っ黒の毛並みがフサフサした澄んだ黒目の大きい女の子でした。
まるで周囲のことには関心なく自分の興味のあることには
夢中になって何時までも飽きることを知らない実に愉快な犬でした。
「コーちゃん」と呼ぶと大きな真っ黒な瞳が輝きじっと見つめます。
気が向かなければ何回呼んでも「知~らない!」

そしてカーキのルーちゃん。
カーキ色の毛並みがツヤツヤしてお日様にあたるとよけい綺麗にみえました。
一年後から来たので何時もそばにはコーちゃんがいて寂しくないけど
威張っているコーちゃんにはちょっと気を使いながら大きくなりました。
甘えん坊で雷が大嫌い!遠くで音がしても「ウーたん雷恐いよ~」
綺麗な容姿で誰からも「可愛い可愛い」と言って貰って育ちました。

かれこれ13年14年の歳月を娘夫婦の子供たちとして過ごしたことになります。

100613_082824.jpg

その間一度も大病したこともなく他人に預けられることもありませんでした。
それが今年になって春先のことです。

ルーが突然肺炎にかかり入院を与儀なくされたのです。
ウーたんは勿論毎日面会に行きましたがゲージの中から
ウーたんの声を聞きつけ「連れて帰って~」と泣き叫ぶ声と戦いながら
とうとう食事もしなくなったルーが一週間目に作っていった食事を
珍しく食べて一安心したのも束の間のこと急変して天に召されて行きました。
入院したまま一度も抱っこしてやることもできないままに逝ってしまったのです。
今思い返しても本当に可哀そうなことでした。

今度はそれからすぐに先輩のコーが乳房に大きな腫瘍ができ大手術。
悪い部分を取り除いて元気になって帰ったのですが
毎日ずっと一緒に過ごしたルーの突然の死を察知したのでしょう。
すっかり元気がなくなり動かないでジッとしていることが多くなりました。
大手術の抜糸も済み順調に回復しているものと思いきや
転移転移でとうとうルーの後を追うように亡くなりました。
まだルーが逝って三ヶ月も経ったか経たないかの頃です。

ウーたんはあっと言う間に大切な宝のようにしていた愛犬を
二頭も見送ったのです。
本当に辛い辛い経験だったと想います。
この世に生まれて初めての大きな試練だったのではないでしょうか。
気丈に「大丈夫・・・」と言う娘の胸の中が張り裂けそうな音を
立てているのが聞こえるようでした。

犬

あんなに大切に可愛がったのだから
きっと「ウーたんたち~ありがとうね~」って言ってくれてるよ。

動物を飼い育てるってことは必ず先にはこういう事が待ってるのです。
癒され癒してもらった分本当に辛い思いが待ってるのです。
虐めることも虐められることも知らないまま天に召されたコーとルー。
「虹の橋」を越えて友達いっぱいできるといいね。
大丈夫だよ!
コーは愉快な遊びの天才だったし
ルーは周囲がほっとけない可愛い性格だったからね~

ウーたん 貴女の夫君は素晴らしい!
この悲しみに直面した貴女の強い見方でいてくれました。
供に心から悲しみを分かち合い励ましてくれました。
優しい夫君に恵まれて貴女は幸せ者だよ。
本当に感謝しなくちゃね。

可愛いかった二こちゃんたちを
夫婦でまた何時でも思い出してやれば良いよ。
それだけ沢山の思い出を彼女たちから貰ったのだもの。
思い返せばいっぱいいっぱいあるね~

ただどうかどうか思い詰めて身体を壊すことのないように・・・
貴女方夫婦と供にずっと彼女たちの素晴らしさを知って来た者として
そして貴女の母としてそれだけはお願いします。
そう言いながら貴女の深い悲しみを想うとママも涙が溢れて止まりません・・・

「ウータン また何時でも待ってるからね~♪」


どうかポチっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2010/09/14 ] 動物 | TB(0) | CM(2)

そうだったんですか・・・。
あのかわいい元気なワンちゃんたちが。
皆に本当によく可愛がられていましたよね。

私も学生のころ愛犬との別れがありました。
大きな黒いセパードでしたが姉弟のようにそだちました。亡くなった時なぜか何処へひたすら走っている姿ばかり浮かんで、あれはきっと思い出の世界に向かって走っているんだろうと思って文章にした記憶があります。

自分の人生を豊かにしてくれた大切な思い出ですよね。
思いは皆同じですね・・・。

当方は来週北海道旅行です。また。


[ 2010/09/16 23:13 ] [ 編集 ]

南の魚さん
そうでしたか・・・
思い起こせば何時の間にか長いお付き合いですね。
初めて聞かせて頂いたお話ですね。
可愛いかったエピソードが数限りなく蘇ります。
同時にその中から沢山教えられたことがありました。
動物とは素晴らしい存在だと思います。
娘夫婦も今は感謝の気持ちでいっぱいでしょう。

北海道旅行ですって?
それはなんと羨ましいことでしょう。
今頃は最高の季節でしょうね?
大分とはまた違った海の幸!
食いしん坊な私はそっちが気になります。
絵葉書送って下さいましな。

道中気をつけてね~
素晴らしい旅を満喫してきてください。

それにしても北海道旅行とは・・・いいな~







[ 2010/09/17 05:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fuanfuanmura.blog103.fc2.com/tb.php/33-5f2ff59d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。