2010 101234567891011121314151617181920212223242526272829302010 12






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「じゃあ、私も一緒に葬式に行きましょう」

ちょっとご無沙汰しちゃったな。

何分、ただいまダーが私の部屋なるものを増築してくれている毎日なもので
これがまた本当に大変な作業の連続の毎日でして
クローゼット部分を入れるとわずか12畳ちょっとの部屋なんですが
ようやく昨日フローリング(床材)を張ってピアノを運びいれるところまで
たどり着くことができました。


まあ、それにしても感心します!よく働く男です!いえ、夫っとです!

朝起きると
「さあ~今日もやるぞ~」
(老後はゆっくり静かに暮したかった・・・んですけど~)

「朝ごはんは何?」
「オ~、なんと今朝は珍しく鮭が付いてるじゃん?いいね~」
「味噌汁は豆腐にナメコかい?これまたいいね~」
(お味噌汁、本当は面倒なんですけど~・・・)

「おっ、うっま~美味いね~いい感じだね~納豆、半分こする?」
(いえ、いえ、どうぞどうぞ)
てな調子で始まる熟年再婚から丸二年が過ぎた夫婦の一日であります。


さて、先日、車で30分ばかり走ったところで
やはり田舎暮らしを始めて「何時の間にか17年が過ぎました」と仰る
ご夫婦からお招きをいただいた。

初めて伺う土地だったので途中で何度か
「○○さんのお宅は・・」と訪ねた。
「あ~、そこのそこを・・・」と誰に聞いてもニコニコ教えてくれた。
考えれば随分離れた所でも御夫婦を知っていたことになるなあ~

夫っと同士が外で作業している間
「おしゃべりしていましょう」と奥様が自宅に招き入れてくださった。

思わず広~い玄関に感激!
(家は玄関が広くなくちゃ・・がモットーで生きてきた)

我が家の子猫の額程もない玄関を思い出す。クシュン…涙・涙。
農家の小父ちゃんたちなど家に上がる時は玄関で靴を脱ぐけど
帰る時などは「じゃ、またな」と言って
靴を持って玄関先まで出てから靴履いてるもんね。
私がそう話すと奥様は「ミーさんは何時も面白い」と言って笑った。

家の中は純和風。何処も実に綺麗に整理整頓されていて
またまた狭い我が家を思い出してしまう。
(ま、ダーが一人で暮らすつもりで頑張って建てた家だもんな・・・)

「貴方たち夫婦ってすごく好い感じで私たち好きですよ」
「何かとても二人がお似合いでね。好い感じだなって思ってますよ」
「きっとお二人は御縁があったんでしょうね」
(よくそう言ってもらうんですけどお互い一人の生活が長いと
自分のペースがあって気を遣い過ぎたり何だか想像もしなかった事が
次々起きて一年目は喧嘩ばっかりしてました。今はとっても平和になりましたけど。
それに私が幾つになってもキカン気だから・・・)

お歳は私と一歳しか違わないそうなのに
話していてただただボーっととっても幸せな気分になるから不思議。
思わず次々と口を衝いて出るお互いの昔からの話に
「二人で頷いたり笑ったりしている処へ二人の夫っとが加わってまたしばしお喋り。

穏やかで人の為ならエンヤコラ!の御主人は見るから人の好い方!
「私が入院するぐらいつらくて寝ていても誰かが助けてって言ってきたら
私のことなんか放って置いて跳んで行くんだから・・・」
と奥様はあきれ顔で話す。

続いて御主人が
「近頃ではひと山向こうの婆ちゃんから葬式に連れけって電話がかかるんよ」
(婆ちゃんって?お知り合いですか?)

「うん、知ってるような知っていないような・・・」
(で?行ってあげるんですか?)

「連れて行って欲しいと言って来てるんだからね~
良いですよ~じゃ、私も一緒に葬式に行きましょうって」
(知らない方のお葬式に行くんですか?)

「婆ちゃんと同じ処までまで行くんだったら葬式でお参りしてあげたが良いでしょうと思ってね」

(ハ~、なるほどね~・・・そりゃあ、本そばまで行ってるんだものね。太っ腹な人の考え方生き方は違うわね~
やっぱ、度量が違うよな…誰と?えっ?)

心から良いな~ってのどかなほんわ~かした気持ちになりました。

60歳も過ぎると物品じゃくその人の生き方に惚れるってことタマにありますよね。
そんな経験を久々にさせてもらいました。


美味しいお茶とお菓子。
次々と手作りの惣菜を品良く小鉢に盛って出して下さるので
ダーは「これぞ理想!」と大感激!
そう言えば大鉢に盛って出すことの多い私の料理を
「小鉢にちょっと盛って出てくるとそれだけで美味そうだよな~」
(そんな、面倒なこと嫌!嫌・・・)
ダーは見かけによらず結構古風な男なもので面倒っちいんです。

お終いに
「今朝、イノシシの子供(うりぼう)三頭も貰ったから貴方達も貰ってくださいよ」

思いがけないお土産の量も半端じゃなくてびっくり!
都会から移り住んで今では押しも押されもしない
その地に根付いた夫婦一家として村人の中に溶け込んでいる
素晴らしい御夫婦に触れたホンワカ気分の一日でした。

それにしても知ってるような知っていないようなひと山向こうのお婆さんが
葬式に行く手段がないから連れて行ってくれと言ってくるのも何だか不思議な話だけど
その返事が何とも恩義セがましくなくて

「それじゃ、私も一緒に葬式に行きましょう」は太っ腹だね~
この世知辛いご時世に何か良いよな~

ダーくん、座布団10枚持ってきて!!
(ないって?す・ん・ま・せ・ん・・・)



どうかポチっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/11/22 ] 友達 | TB(0) | CM(0)

愉快で超リアルな案山子さんたち  

「俺は田舎のプレスリー ィエ~~ィ!」
「郵便やさん ズボンの丈 短いのが好きなんですか?」


急に風が冷たくなりました。
ミーの部屋を増築中の手を九重に続きまたまた休めて
「案山子ワールド」にハイキングに出かけました。
総勢おじ様おば様合わせて10名。

子供の頃から案山子ってこんなのでしたよね。
案山子さんらしい案山子です。
ところが今の時代はリアルでユニークな案山子さんがいっぱいです。
635.jpg

このリアルなこと!最高です。
つい数日前のミー。骨折で病院通いしていた頃を思いだします。
まさにこんな感じでした。上手いな。上手過ぎます!
看護士さんも可愛い・・・
「先生、私はしっかりしてるんですけど、うちのダーが今さっきの事も忘れちゃうんです」
「ほう、それはずい分、頭に来ているかも・・」
659.jpg

「ねえ~奥さん、今年も漬物漬けるだけ~?」
「そうさな~大根を一樽ばかり漬けようかなと思ってに」
手前の奥さんなどまさに人そのものに見えませんか?
表情が豊かでびっくりです。
653.jpg

このタイトルに男性人は馬鹿受け~
よくこんなこと考えますよね~実に愉快。「発想賞」
ミーに似た悩ましい?美女が・・・何処何処?美女何処?
「早く来い来い・・・何時まで待っても朝まで待ってもまだ来ない・・・」
646.jpg

エルビスプレスリー
コンビにねえ、マックもねえ、カラオケねえ・・・
ねえねえもんばかりの俺ん町。
あるのは役場と郵便局。
それでも「俺は田舎のプレスリー。ィエ~~~ィ!」
640.jpg

うさぎの餅つき 定番かな?
642.jpg

幕末の偉人 坂本竜馬でしょうね。
643.jpg

結婚式の風景。
仲間の一人が言いました。
「オレンジのウエディングドレスはないやろ~」
ベタベタの関西人なもので悪気はないんですよ~
ま、案山子のお祭りですからね~
たとえ白いドレスがあっても使えませ~ん。
「いや~もしかして熟年再婚か?」
「今更どんな色にも染められません」
629.jpg

昔こんな時代があったな~全員記憶がよみがえります。
まさに「青い山脈」「キューポラのある町」の時代です。
吉永小百合、浜田光男、松原千恵子、舟木一夫、浅丘るり子、石原裕次郎の時代です。
ああ~懐かしい~♪
636.jpg


641.jpg
627.jpg

通りに面した駐車場の車が今出るのかとよけたのですが・・・
運転席は案山子さんでした。何かカッコイイ。
639.jpg

あら~何だかチョッピリ沈んでいません?
お酒は楽しく呑まなくっちゃ身体に良くないですよ~
手にしている一升瓶は何と「耶馬美人 25度」
この近くの酒屋さんで3500円で販売していました。お買い得!
626.jpg

「魔法使い」が何処からか現れた。
何時の世も楽しいお話には必ず現れるのが「魔法使い」
おとぎ話の世界へいざなってくれる魔法使いさん。好きだわさ~
609.jpg

通りの電柱のそばに立って近くの案山子を見ていた郵便局員さん。
余りの表情の豊かさに脱帽しました。グッドです。
ズボンの丈は短めが好きなんですか~?
644.jpg

同行の仲間たちが「何でこんなところにダーが居るの~?」
ハハハ・・・雰囲気確かに出ていますぅ。
でもうちのダーはお育ちが良いからこんな事はしませ~ン
それよりダーは七輪が大好きです。
ならば隣のおじさんは誰?誰?

それにしてもほんのり頬を染めて上手いよな。
やっぱり「耶馬美人」持ってる。
633.jpg

お終いは「七福神」で〆ましょう。
・大黒天(だいこくてん)
・恵比須(えびす)
・毘沙門天(びしゃもんてん)
・弁財天(べんざいてん)
・福禄寿(ふくろくじゅ)
・寿老人(じゅろうじん)
・布袋(ほてい)

645.jpg
ご覧いただいた皆様に福がいただけますことを祈念いたしま~す。


どうかポチっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村



[ 2010/11/11 ] 祭り | TB(0) | CM(0)

母が残してくれた刺繍糸

私の母は刺繍が好きな人でした。

昭和30年代の頃、私が小学生の頃から母は刺繍を始めていました。

そう、テレビが初めて我が家に入った時も、
そのテレビで長嶋茂雄がジャイアンツで活躍したのも、
正田美智子さんが民間から皇室へ嫁がれたご成婚式の時も
学校から帰った私を「お帰り」
刺繍糸を刺す手を止めて迎えてくれたものです。

刺繍をしている母の横でその日の学校での出来事を
正に今ここで起きた事のように色々話して聞かせる私に
思わず刺繍針の手を止めて笑う母でした。
564.jpg


母はとても物静かな人で大きな声を出して騒ぐという事がありませんでした。
父とは一歳違いの母でしたが大きな声で喧嘩している様を見たことがありません。
ですから私にも大きな声で叱るということもありませんでした。

どんな事も「お父さんが良いとおっしゃったらね」が口癖でした。
「お父さんに聞いてごらん?」
我が儘に育った私は自分の思うままにならない事があると
「お母さんは?お母さんの意見はどうなの?」
「お母さんはどう思うの?」
「何故お母さんは自分の意見を持たないの?」
そういって生意気盛りの頃は母を責めたことが何度もありました。

「私ははっきり自分の意見を持つ人になろう」
「女性も自分の意見を持っても良いはず」

還暦も迎えた今頃になって時すでに遅しですが
ずい分生意気に生きてきたなと反省することばかりです。

544.jpg

母が長年にわたり私に示してくれた愛情を思い返すと
果たして反対だったら私には出来えただろうか?
そう思うとよくぞ辛抱して育てていただきましたと
今更遅いが感謝の気持ちでいっぱいになる。
出来ればこの思い天国まで届けてほしい・・・

557.jpg

母は編み物もよくしていた。
棒針編みで優しいサーモンピンクの縄編みが入ったカーデガンを編んでくれた。
うすいブルーのセーターも着心地が良くて毛玉が出来るまで着た。
「今度はどんな色が良い?」
そう言って夕飯の後片付けが終わるとテレビを見ながら
次のセーターを編むためにコチコチと編んでくれた。
母の編んでくれた真っ赤な鹿の子編みのセーターに紺色のプリーツスカートも
友達が「いいな~」と羨ましがった。今鮮明によみがえる。
お正月前はパターンを借りてきてスーツも縫ってくれた。
気が付いたら母の横で真似してベストを編んでいる自分があった。

時々思い立っては刺繍がしたくなって刺したりするが母のような大作は真似できない。

母は作品を手がける間にずい分沢山の刺繍糸が
綺麗なキャンデーの空き缶にいっぱい詰まっていた。
その中から使いたい糸を好きに選んでは貰って刺繍していた。

558.jpg

そんな母も70歳を過ぎた頃には
「近頃、老眼が進んじゃってね・・・」
「刺繍糸使うでしょう?みんな持ってってね。十分楽しんだから未練はないのよ」
そういって大きなクッキーの缶いっぱいの刺繍糸をくれた。
この刺繍糸を取り出すと母との様々な出来事が山のようにあふれ出して
何時もしばし感慨にふけって刺す手が止まる。

最近こちらで知り合った友達がくれた作品にラベンダーが刺繍してあった。
あまりにラベンダーの紫が綺麗ですっかり魅了されてしまった。
母の刺繍糸を引っ張り出して思いつくままに刺してみました。

あちらから「あら~、とっても素敵よ♪上手になったのね」
すでに60歳にもなった私にそう言ってくれていそうな母の顔が浮かびます。


どうかポチっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

[ 2010/11/08 ] ミーの手作り | TB(0) | CM(0)

ホットケーキを焼いたけど

バナナが熟してしまいました。
丁度リンゴもあったのでケーキを焼きました。
このところ忙しくて中々お菓子を焼く時間もありませんでした。
でもたまにどうしても食べたくなるんですよね。
560.jpg


このところダーが毎日一生懸命、朝から夕方までミーの部屋を増築中ですので
三時のおやつタイムに食べてもらおうと思いま~す。

「お洒落な食べ物拒否症候群」のダーは必ず言います。
「これって美味しいの?」
「勿論、ミーが作ったんだから美味しいんだよな?」
そう言いながらでも欠してお代わりはしませ~ん。

庭の端っこに咲いているミントの葉を採ってきて添えました。
グリーンの威力に脱帽!
ダーはコーヒーと。私はミントのハーブティーで。
553.jpg


外はリンゴがキャラメルっぽく焼けて中はシットリほんのりバナナの香りです。
549.jpg

思ったより美味しく焼けました。
ブルーベリーのジャムをのっけるのではなく一口二口楽しみに別にいただきます。
今回は甘さを抑えたのでよけい美味しく焼けました。

544.jpg

私のバイブル「赤毛のアン」の小説の中でもこんな焼き菓子がよく登場します。
最愛の夫ギルバートは「お洒落な食べ物拒否症候群」じゃなかったよな~
我が家の夫っとダーはそのてん駄目。
ま、いいか~そのうち「旨い~ぃ!」とうならせてやる・・・


どうかポチっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村




[ 2010/11/07 ] 料理 | TB(0) | CM(0)

九重 一泊二日 二日目

九重 一泊二日 二日目

朝目が覚めて障子を開けると霜が降りていました。
ダーは「おっ、何だ!なんだ!霜が降りてるぞ~!」
556.jpg
554.jpg

温泉に入りがてら外に出てみると朝7時の時点で外は真っ白。
さすが標高950Mの湯壷温泉。
植物の葉がビシバシとツン立っています。
546.jpg

朝食で~す。
ただ小鉢がいっぱいと言うのでなく一つづつ手作りされていてとても美味しい食事でした。
ご飯は6人でおひつが二つも付いてふんわ~りと炊き上がった新米でした。
お味噌汁もお代わりできました。豆腐・なめこ・わかめが入って最高でした!
568.jpg
566.jpg
566.jpg

どんぐりさん(中)は田舎暮らしを目指す人たちにとっては
お父さんみたいに頼りになる存在。予算の少ない方も相談してみては?
長い時間かけてでもきっと良い物件紹介してくれますよ~
実はダーもどんぐりさんに安く土地を分けてもらった一人です。
「俺~ 金がないからさ~」それでも海の見渡せる最高の土地です。
でも~ちょっとばかし駄洒落好きなのがたまに傷かも・・
572.jpg

547.jpg

美味しいお食事、温泉も良かったし、女将も良い感じの方で
何より「ゆっくりお召し上がりください」の言葉どうり
ゆっくり食事と会話を楽しむことができました。

懐古乃宿「萬作」に別れを告げて出発!
オーッと車が直ぐには出せない。
霜が9時の時点でもエンジンを掛けておかないとフロントガラスが真っ白で~す。

二日目も良い天気に恵まれラッキー
湯壷温泉から長者原に出てヤマナミハイウエイを走ると直ぐに
飯田(半田)高原ドライブインに到着。
ここでは産直の朝取り野菜が所狭しとばかりに販売されています。
白菜150円・牛蒡200円・シイタケ300円(ぎっしり詰まっていましたよ)
白葱150円・キャベツ150円・・・
ソフトクリームはお勧めですよ~ん。絶対食べてみてね

529.jpg
573.jpg

帰路は湯布院の街を横目に抜けて城嶋高原を走りました。
こちらも何時走っても壮観な風景に圧倒されます。
577.jpg
578.jpg
574.jpg

以上、夫婦三組 九重 一泊二日 紅葉を楽しんだ旅でした。

ついでに私事ですが九重連山を真正面に一望する高台に約600坪の土地(別荘地)を所有
現在売り出しています。四季を通して移り変わる様はそれは素晴らしいところです。
美しい九重でゆっくり老後を暮らしたい方には近くには温泉も多数あって最高です。
どなたか買ってくださ~い。
(有)どんぐり で検索できます。



どうかポチっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村




[ 2010/11/06 ] | TB(0) | CM(0)

九重   一泊二日

11月3日~4日 一泊二日 九重の紅葉を楽しんできました♪

一日目  2010/11/3

毎年、今頃の九重はススキが銀色に化してそれは美しい風景を楽しむことができます。
一人占めは申し訳ないほどの綺麗さでした。
お裾分けで~す。

512.jpg
513.jpg
514.jpg

筋湯温泉にと湯壷温泉の分かれ道付近。
温泉の源泉を見つけて向かいました。三日の午後三時。
旅館の夕食までにちょっと歩きます。
ダーたちは湯煙目指してGo! Go! Go!
隠れ湯でもあると思ったのか全く無邪気なものです。
524.jpg
515.jpg

530.jpg


宿は湯壷温泉 懐古乃宿「萬作屋」TEL 0973-73-0085

風情と趣きのある落ち着いた感じの良い民宿旅館でした。
ここは湯壷温泉でも評判良い民宿旅館の一つです。
551.jpg
550.jpg


夕食です!
お部屋食ではありませんが個室をお願いしてゆっくり食事を楽しむことが出来ました。
勿論豊後牛はとても柔らかくて美味でした。
美味しくてその上お喋りが弾んで山女の塩焼きなど
画像に収めるのをすっかり忘れてパクついてしまったもので・・・
まだまだ他にも料理は続きました~食いしん坊でスンマセン
536.jpg
535.jpg
537.jpg
538.jpg
534.jpg


温泉は掛け流し。
小さなお風呂が4つ。
どれもあいていれば24時間入浴可。
熱い・やや熱い目・普通・超温め。
バラ湯も空いていたので入りました。やっぱ良い感じです♪
545.jpg
542.jpg

二日目はもっと綺麗な風景をお届けしま~す♪


どうかポチっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村


[ 2010/11/05 ] | TB(0) | CM(0)

只今 増築中です

朝晩はすっかり寒くなりました。
それでも庭には真っ赤な花てまりや紫セージや百日草やコスモスやカンナなど
他にも色々と咲いていて綺麗です。中でもチェリーセイジが紅白のコンビで
花をいっぱい咲かせています。もう直ぐまた大好きなクリスマスローズの季節
到来ですね。待ち遠しいな・・・

そんな花壇を毎日楽しみながら目下ダーはミーの部屋を増築中。

二週間前はこんなところから始めました。
まずは基礎の部分から。
ブロックをセメントで固める作業は中々大変でした。
家を作る時はこの基礎の部分が一番大仕事です。
とってもとっても地味な作業の繰り返し。

227.jpg

裏の扉から繋げるので扉の向こうのデッキの板をはがしました。
オッチョコチョイのミーは骨折以来とっても用心深くなりました。
ここまでしないと安心できません。
323.jpg

可愛いチッチが
「何が始まったの~~?」
「あたしっちのお家が壊れてる・・・」
226.jpg

こんな風にツーバイ工法で順番に建てて行きます。

今回はテレビもIHのコンロやポット置き場も嵌め込みにしました。
前面をそろえる方法です。
221.jpg

窓は海の見える側に縦長の四つと横面に一つ。
222.jpg


昨日今日は屋根の作業でした。
どうにか断熱材を入れてコンパネを張り終えれて一安心です。
60歳にしてはしごで屋根に上る体験しました。
ダーは私を何だと思ってるのでしょうか?

途中、台風が来ると大騒ぎでしたので進路が変更になってホッ・・・
大工さんの気持ちがチョッピリわかるようになったかも・・・

たった10畳ほどの増築ですがこの部屋が完成したら
青い海を眺めながらゆっくりのんびり過ごしたいものですが・・・さて?



どうかポチっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村


[ 2010/11/02 ] 住居 | TB(0) | CM(0)

山の秋はミョウガ・アケビ・ヤマブドウ

「あ~ 時間よ停まれ!~」って叫びたくなるほど次々予定に追われる毎日です。


そんなあれこれと忙しく過ぎ去る日々の中
突然一週間ほど前に畑の隅っこにこんなに綺麗なミョウガができました。
ちょっと季節はずれって感じで驚いたのですよ。
朝一番にお味噌汁に刻んだら何とも良い香りにとっても幸せな気分になりました。

228.jpg


「アケビ」です。
毎年秋になると近くの林道を上の方ばかり見ながら歩くと必ず見つけることが出来ます。
小さな種が沢山入ってるので食べにくいんですが「秋だな~」って感じます。
ツル性の職ぶるの実です。熟れると半分に開いて果実が繭状態で入っています。
ほのかにやさしい甘さがして好きです。
先日出会った青年は「これ何ですか?」
「初めて食べました」とちょっと不思議な秋の味覚に心動いたかな?
「田舎暮らし」では木の実の収穫も楽しみの一つですよ~

201.jpg


田舎暮らしをしたい理由の一つに「山葡萄」がありました。
どうしても山葡萄を自分で採って「山葡萄酒」を造りたかった・・・
今年は大量に実を付けている場所を偶然発見!
早々ダーと収穫に出かけました。
ここ数年毎年美味しい「山葡萄酒」が完成しています。
濃い赤紫のそれは美しい果実酒になります。
ちょっと自分にご褒美上げちゃおうかな・・・って日にいただいています。


220.jpg
211.jpg
322.jpg



ポチっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村





[ 2010/11/01 ] 山の暮らし | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。