2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダー タコ壺でミニ花壇を作る

快晴!海が青い。

ようやくデッキからの景色が楽しめる我が家の季節の到来。
今日も早朝に見知らぬ三人の男女がゲートの前でウロウロ。
散歩で坂道を上って来たそうだ。
朝から真っ青な空と海にしばし「綺麗ですね~」
fuukei505
デッキからの風景。この景色が好きで此処に家を建てたダーです。


漁師さんが沢山のタコ壺をくれた。
その昔はこの辺りはタコ漁で栄えたこともあったらしい。
takotubo
今はプラスチックの軽いタコ壺になっているが貰ったのはコンクリート製の重い形。
ダーはコンクリート製だから貰ったと言います。

例えば・・・中に電球やローソクを入れて灯り壺にしたり~akaritori


湯気の向こうに見えますが観音竹などを植えたり~足が邪魔!邪魔!    rotenburoasi


ダーは玄関横に小さな花壇をタコ壺で作りました。
takotubokadan2
タコ壺にあいている水抜きの穴へ船用のロープをくぐらせて繋ぎ固定しました。


「しかし、それにしても何でも良いから植えれば良いってもんでもないだろーが、全く、もう、ばっかだな~」
「こう言うことにはそれなりのセンス!ちゅうもんが必要なんだよな~わかってないね~」
などと言ってますが私は「ホホホ…」とケセラセラ。何処吹く風~
「だって、早く何か植えたかったんだもん!」
takotubokadan3
「でも、ま、ゆっくり見るとダーの言うこともそっかな~」
あるだけ植えたって感じです。ホホホ・・・
でも 世の中広しと言えど
タコ壺で花壇作ったのはダーくらいじゃないでしょうか?



どうかポチっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2012/05/05 ] ダーの手作り | TB(0) | CM(2)

ダーご自慢の露天風呂です

ダーが田舎暮らしにこだわった一つに手作りの露天風呂に入って暮らすことを至福の時間とすること。
小さいながらも、ミーに色々言われながらもようやく完成した住居についで
念願の露天風呂もようやく屋根も付け、周囲を目隠しして完成した。
本日初公開です。

rotenburoyuge どうです。良い感じでしょう?
温泉ではありませんが浴槽が広くて湯量がたっぷりなので満足しています。

rotenburonoren rotenburo
rotenburotake
家は山の上にあるのですが気持ちだけ目隠しをしました。
竹を採ってきてまず火であぶって油抜きをしたものを編んで衝立を作りました。
洗い場の目隠しです。

rotenburojyaguti1
湯量は隣の物置の屋根のソーラー2機から取り込んでいますので
これからの季節は熱湯に近いお湯がたっぷり出ます。

rotenburo2
rotenburoakari rotenburo8
rotenburosake
ダーは時間があるとビール持参で風呂の中~
「僕か~幸せだな~」
友人が焼いてくれた灯り壺ですが夜はこの明かりが何とも優しいのです。
入ってる時間が長いのでとうとう西の関の冷酒まで置いてあります。
観音竹が植わってる器はタコ壺なんですよ~

rotenburokama rotenburomaki
これから秋まではソーラーのお湯だけでも熱すぎるのですが
寒い時期はボイラーで薪を使って沸かします。

rotenburokesiki 昼間に入るとこんな感じです。綺麗な花を楽しみながら…左下に海が見えます。

asahi1朝は朝陽を拝みながら。

rotenburoasi 「えっ?誰?誰の足ですか?」
お馬鹿なダーがまたお風呂で遊んでいます。
何事も一生懸命の人なのでお風呂入ってるときは許してあげましょう。
上から吊るしてあるのは近くの海岸で拾った「穴のあいた石」です。

この土地と決めて設計図を引き始めて住居完成まで約7年。
ようやく念願の露天風呂も完成し田舎暮らしを楽しめるようになったダーです。
「良く頑張ったね♪」
自分へのご褒美は今日も露天風呂での一杯だね。





どうかポチっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村






[ 2012/04/27 ] ダーの手作り | TB(0) | CM(6)

ダーが考えた卵取り出し機

丸二日間、38度越えの熱でダウンしていたダーはと言うと
熱は下がったもののやはり大事をとって安静にすると約束した。

私が村の鎮守様の役目を終えて帰宅するやいなや

「お腹すいたから卵かけてご飯食べたよ」と
自分で朝御飯作った。どんなもんだ!」とやたら態度がデカイ。

これもたった一羽飼っているナゴヤコーチンの「コッコ姫」のお陰。

012_20120405160037.jpg


実は鶏って雌だけでも卵が生まれることは
コッコを飼い始めて知ったことの一つ。

良く聞く有精卵と無精卵の違い。
ヒヨコに孵化するのが有精卵。
雌だけで生まれるのが無精欄の卵。

初めは雄もいて有精卵の卵も食べたことあったけれど
どちらも食感・味覚ともに変わらないように思えた。

現在は雌のコッコ一羽で産む卵なので無精卵の卵。

毎日、コンスタントに卵は一つづつ生まれる。
「実に有り難い♪」

ダーガ作業などしているとその周りをウロウロしては
餌を探しついばんでいる姿が可愛いものだ。

コッコ姫はダーのお宝の一つ(他には宝がない)

だが~「卵がない!」

毎日必ず産んでくれていたのに・・・タハー
「どうしたんだろう?」
「貝殻食べさせていないからと違う?」
せっせと貝殻割りを頑張るダー
そのうちにセメントを練る機械に貝殻入れて回転させ始めた。
「すっげー細かく砂みたいになっちまったぞー
もっと早く気が付けばよかったべな」

コッコはダーがひいた貝殻の粉に夢中で飛びついて食べている。
「よっぽど身体が貝を要求していたんだ」

だが? やっぱり卵はない
「食べちまってるぅ~~~~~」
「さて どうっすか?」

ダーは考えました
卵を産むと自動的に外に出てくる方法を! 
014_20120405160036.jpg

どうです! 中で斜めにしたから勝手に前に転がり出てきます

010_20120405160037.jpg
蓋をするとこんな形です

013_20120407083935.jpg
前に出てきた卵を頂戴します。

しかし~
それでも中からつついて食べてしまうらしく黄身が下に落ちていた。

ならば

ダーはさらに考えたのです!
卵をもっと下に落とせば鶏も中から突っつけません!

001_20120410094446.jpg

ようやく完成したのでした♪  完璧です! 

コッコ姫&ダーの卵争奪戦 ダーに勝利あり! 


どうかポチっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
[ 2012/04/10 ] ダーの手作り | TB(0) | CM(2)

敵はそうでましたね

おはようございます♪

小さな窓から朝陽が差し込んできました。

土曜日に村の鎮守様のお祭りがあるとかでその準備に駆り出されます。
ダーは一昨日から38度2分も熱を出して昨日はさすがにオトナシク家から一歩も出ませんでした。
「ワカメ獲り」で風邪をひいたようです。
何事も夢中になりすぎるんですよ~

「早く治さないと火曜日のゴルフいけなくなるよ・・・」
と脅したからオトナシクしていました。

「その代わり今日の役目も出てくれる?・・・」
うん? なぬ? 敵はそう出ましたね・・・

今、計ったら体温計は37度。
随分楽になったようだけど仕方がない。
「病院いかないと明日は土曜日だよ」
「行けば注射されるかもかも~行かない」
もう~~馬鹿か? 注射が怖い~~?

「いや、ミーが怖い・・・」

気が進まないけど仕方ないから私が行きます。
ゴンタを連れてお参りに行く鎮守様だからね。

「リンゴが食べたいな。塩水に付けたショッパイの」

「リンゴジュースが飲みたいんだけどな・・・
風邪ひくとおばあちゃんが何時もリンゴジュース作ってくれたよ」」

「氷の入った冷たい素麺が食べたいな・・・」

ついこの間、10年ぶりに風邪ひいた時も同じこと言ってたよな~

敵はこんな時とばかりに甘えてくるぞ~

「え? 今度はなに~~~~~??」


どうかポチっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村



[ 2012/04/06 ] ダーの手作り | TB(0) | CM(0)

ダーが蕎麦を打ちました

桜の花が綺麗な季節となりました。

蕎麦組合で分けてもらった蕎麦粉で
「ミー、蕎麦打とう。蕎麦。」

二度ばかり蕎麦打ちの実演を習ったことがあるダー。
でも、その昔、毎日毎日、「ほうとう」を打っていたと言う。
テレビでも山梨県は昔はどの家でも夕飯は「ほうとう」だと放送していた。
だから結構、蕎麦粉を練るのは上手です。
040.jpg
蕎麦が打ちあがって入れる箱もダーのお手製。
中々上手に包丁が使えています。

041.jpg
切り上がったら強力粉でくっつかないようにします。
「どう?うまいだろう? 学生の頃は毎日、俺が一家のほうとう打ってたんだもんね」
昔を思い出したらしく楽しそう。

042.jpg
早々湯がいて「いっただきま~す♪」
もちろん付け汁も椎茸をたっぷりつかって手作りです。
きざみねぎとワサビも忘れません。

おそばを頂く頃には何だかだの思いは何処へやら~
本当に長く引きずっていられないミーです。

043.jpg
そろそろ前のモリさんの畑の蕗が美味しい季節となりました。
この蕗の天ぷらがお蕎麦ぴったりなんです♪

春一番が吹く頃、この蕗がとっても美味しい季節なんですよ~

そう言えば蕎麦と蕗は合うもかも。
豊後高田市に「蕗のとう」と言う名前のお蕎麦屋さんがあります。



どうかポチっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
文字色
[ 2012/04/03 ] ダーの手作り | TB(0) | CM(0)

「パンツ買ってくれ~ぃ」

ダーは「暑いひ~暑いぞ~」と
奇声を上げながら工房をほぼ完成させました。
まだ外壁の板張りとその上にペンキを塗る作業が残っています。

そしてここ数日は毎日来る日も来る日もひたすら荷物の整理整頓です。
「ここは釘とビス、インパクトドライバーは此処に・・・」

100902_064427.jpg

下の倉庫を整理するためにデッカイ棚はこの上り坂を転がしてきました。
さすがにこれにはリハビリから帰ってビックリ。
何かそんな予感がしたのも事実だけど。

太陽がガンガン照りつける中での作業が一人延々と続きました。
もう表も裏もありません。真っ黒に焦げています。
チビ黒サンボ君が大人になったみたく真っ黒オヤジです。

その真っ黒オヤジですが滴り落ちる汗と格闘!
すぐにパンツがずぶ濡れに。
毎日パンツを5~6枚は替えています。
最近何時も干し場にはダーのパンツが5~6枚ヒラヒラ~
とうとう「ミー、パンツがない~パンツ買ってくれ~ぃ」
そう叫びながら水風呂に入っています。
「ああ~スッキリした。ビール飲も!」

そんなこんなでとうとう工房は相変わらず捨てきれない工具類で
いっぱいになりましたが本人はとてもとても気に入ってご満悦。
「ミー、ほれ、これも置いといて良かったよな~しっかり役にたっただろ?」
「俺って良いもん残しとくよな~」

本当は「ミー、何か文句ある?」そこまで言いたいところなのです。
そうに違いありません。
でも、また言えば10倍も返ってくると思いきやじっと我慢のダーです。

そうです。そのとうりです。
日頃から捨てろ捨てろと言われながらも
じっと我慢して置いといた物が良く見るとみんな役立っています。
「はい、全くそのとうりでございます」と私。

海側に一つ、ゲート側に一つ、大きな手作りのドアーも付きました。
開けると海からの風がサーっと入ってきてウ~ン、すっごく気持ち良い。

ドアーの横はミーの花壇です。
今はアサガオやラベンダーセイジやハナテマリが咲いています。
コスモスもようやく咲き始めました。
他にはステビア、ラベンダー、ミント、バジルなど・・・
花壇の囲いを作らねば・・

100902_064620.jpg

作業をしながらそんな花壇を楽しむ横長の窓も付けてくれました。
これがすっごくお気に入りですが確か食器棚のガラスだったよな・・・
何でもうまく利用しますね~ビックリです。
お金がないから知恵が働きます。
「う~ん。尊敬しちゃいます」
などと思えるようになった私も
「新しくなくちゃ・・・」そういってばかりいたのに
環境は人を変えます??
ずいぶん変わったものです。ハイ。
でも今の方が何か楽!楽!

さてさて、ダーは自分の居場所がなくなった時に備えて
しっかりソファーベッドも持ち込んだみたい・・・

我が家はもしかして?・?・カカア殿下かい???・・
「あの~もしかしなくても・・・です」



どうかポチっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村






[ 2010/09/02 ] ダーの手作り | TB(0) | CM(0)

ダーの工房完成近づく

毎日暑いですね~

ダーはこの暑い暑い最中、ここ一週間はずっと小屋作りに精を出しています。
暑いひ~目がくらくらする~ビールくれ~」

灼熱の太陽に焦げて真っ黒になりました。
朝のまだ涼しい間から初めて夕方日が暮れるまで頑張りました。
この暑い最中に「馬鹿だな~」と思っていましたが
さすがに「すげ~男だわさ」に私の感想も変わりました。

すると何処となくやさしい気持ちで「ビール飲む?」
「ダー、アイス食べない?」
「冷たい氷水持ってきたから」
「水風呂はれてるからね~」
お昼ご飯何が食べたい?」
何か私気を使ってるど~??

つい一週間ほど前から始めた小屋作り。
窓もついて雨が降ってももう大丈夫!状態まで完成。
今回は骨折で手が思うように使えないので何にも手伝ってあげれなかった・・・
全部一人で頑張ったダー。

100822_091509.jpg

毎朝涼しいうちからせっせせっせと良く頑張りました。
自分のアトリエというか工房というか・・・
好きに作業を広げられるスペースが欲しかったのでしょう。

100822_091424.jpg

「ダーの好きな絵が描けるね~窓からは海も見えるし」
「ドアーを開けておけば最高の海が見えるよ~」
「良かった良かった・・・」
母親のような気分で「良かったね~」と言ってる自分に気付き苦笑。
材料費はしめて10万円程。
「私のヘソクリなんだけど・・・け・・ど・・・な・・・」





ポチっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村



[ 2010/08/22 ] ダーの手作り | TB(0) | CM(4)

ダーが作ってくれた小部屋

「本当にどうなってんの~何時まで降るつもり~~もお~もお~」
何時までもこりずに叫んでるダー。
「梅雨だからね~仕方ないんじゃない?」
さっさと私の隠れ家へと移動。
内心「もお~もお~って全くうるさい男だわさ」

犬

この隠れ家と言いますか、たった畳二枚の小部屋でして
私が来るまではダーの大切な道具部屋だったのです。

初めこの小さな空間を見つけた時は少々感動に近いものがありました。
何だかダーの本質を見たような…

何の面白みもない小さなドアを開けると両側に棚が何段もあって
そこにギッシリと釘やビスやコウキン類はたまた電動工具各種に至るまで
整理整頓、実に綺麗に収納されていたのです。

そうです!ダーは片づけ上手な結構綺麗好き男だったのです。

何分、この小さな家を建てている間は「二度と再婚なんかしないぞ」
そう思って建てていたそうで自分一人が暮らせればそれで良かったので
「まさか再婚して二人で暮らすことになるなんて・・・」

私はと言うと昔から占いで必ず言われることが
「貴女は生涯不動産運を持っています!」
ウォ~ピッタリ!!
当たっています!
そうだと思います!

ところが彼と初めて話した日に「俺さー貧乏だし金もねえから・・・」
本当にこんなにない人だとは思いませんでした~(笑)

で、家が狭いので私はプライベートルームがどうしても欲しい。
そこで考えたのがこの彼のスペースを乗っ取って?小部屋にしては?

全ての工具類を放り出して床、壁に板を張り
私もちょっとだけ手伝ってほぼ三日間で完成させました。

小部屋

何分、畳二枚の小部屋ですがパソコン持ち込んで
大好きなDVD鑑賞も本読みも手紙書いたりも手芸なんかも
な~んでもできる空間になりました。
結構お気に入りの空間で~す。
ダーに感謝です。ありがとう♪ありがとうです♪

たまにうっかり小部屋のでっかいソファーで寝ちゃったりします。
「あれ~、俺んちの奥さまは大奥から朝帰りですか~」

大丈夫!心配ご無用!
放り出したダーの工具類は家の横に小屋を新たに広げ収納バッチリですから。


ポチっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2010/07/14 ] ダーの手作り | TB(0) | CM(3)

ピザ窯も作ってしまったダー

 
「田舎暮らしにファーストフードは似合わない?」
ちゃ~ことでもないのでしょうが
我が村にはコンビニもマクドナルドもケンタッキーもcoco壱のカレーも何も何もないのです。

(スーパーまでは車で約10分。立派なコミニティーホールやちょっとした病院や老人施設は
あるんだけどね。ただ役場も警察署も小さくて古くて財政難が丸見えな感じ。
だから手作りの我が家のお金のかかっていないこんなに小さな建物でも固定資産税の高いこと!
県民税だってめっちゃ高いさ~そのかわりこののんびり感は都会ではあじわえないかも)

別に私がそう言った類のお店に頻繁に通うタイプでもありませんよ。
でもたまには食べたくなる時もあるじゃありませんか。
「でも、ナ~ンもありましぇん!」
あるのはなくてもいいじゃんと思える場所にいっぱい付いてる信号機でございます。はちゃー

一応、関西の都市部で長年生きた体験者としましては悲しいかな頭にそう言った便利さと
美味しい物の味が目いっぱいインプットされてしまっているのです



「ピザが食べたい!ピザが食べたか~!!」
何度も言ってるうちに
「なら俺が作ってやっから~」とついにダーが真っ黒に日焼けした顔をくしゃくしゃにして言いました。  

おお!!嗚呼! 頼もしか!~嬉しか!~(何か私、完全にオヨネにとり付かれてるさ~笑)
あの香ばしいチーズの香りが鼻の頭に浮かびます。「美味しか~」

という訳で数日後にはこ~んなに立派なピザ窯が完成しました~


上はピザ窯。下は燻製室になっています。
耐火煉瓦を周囲に使ってあります。
デーンとしていて思っていたより立派です!
丁寧にづ面を書いて作業したので完璧です。(そう思っています)
横の露で薪を燃やして中に入れて焼きます。
香ばしい美味しいピザが5分ほどで焼きあがります。勿論、ダーが焼く係長です。



初めはとに角、トッピングの具材を山程乗っけてチーズもいっぱーい乗っけて焼いてました。
でも、最近は良く考えてみれば本場のピザなんて生地の上にルッコラやバジルの葉っぱが
パラパラ乗っかってチーズもそんなに多くないでしょう。
だからファンファンのピザも少しシンプルにしました。それがまた美味しいんです!!
と言ってもやっぱり食い気が先立って何だかだと乗っけてしまいますけどね。

ついでにピザのお皿も6枚作ってくれました。
実は今日もピザを焼きます!ブラックオリーブが欠かせません。
じゃ、またね。





ポチっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2010/07/11 ] ダーの手作り | TB(0) | CM(2)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。